2010年11月 7日 (日)

英語学習 再開!

かなりの間、放置していましたが、ふとした拍子にこのサイトを発掘。最後のポストから、4年近く??

あれから状況もかわり、NOVAは無くなり、ネット環境が充実しました。podcastやネットからのコンテンツは増え、iPhoneやAndroidなどのスマホによるの勉強環境は更に向上。

その中で、使えそうだなと思ったのは「Twitterによるひとこと英語日記」と、「英語の電子書籍」。これなら混んで立ったままでも通勤途中に気軽にできるし、続くんじゃないかと。

Twitterでの英語つぶやきだと、日常的なことが思い浮かぶし、気軽な会話能力がアップしそうです。スマホを使った電子書籍は、辞書も入れておけば高率アップ。

ひさしぶりに嬉しい(゚▽゚*)発見です!

2006年12月31日 (日)

英語は絶対、勉強するな?

01今さらながら、本屋さんで手にとってみたのは、

英語は絶対、勉強するな!

という本でした。結局は勉強(努力?)が必要なんですが、いろいろと考えさせられたというか、今までの方法を振り返るのにとても刺激を受けたというか。

というわけで、この方法をすっかりそのままやってみよー!というのとはちょっと違うのですがエッセンスは取り入れたいなと思いました。

これは文法の勉強や翻訳するような勉強の仕方ではなく、

1日に2回、1~2時間程度、英語のテープを徹底して聴き続けることで英語を耳になじませる。
次に、聞こえたとおりにすべてを文単位で書き取りテープをまねて音読。
そして、わからない単語を英英辞典で調べてすべて書き写し、その中にわからない単語があったらさらにそれも調べて書き写し...(詳しくは書籍参照)

といったように、赤ちゃんが話せるようになる過程をヒントに筆者の経験をもとにあみだした方法とか。

この方法だと、確かにヒアリングは上達しそうです。とにかく集中して聞き続けること、英和辞典を使わずに英英辞典を使うことで、感覚的にEnglish modeにしてしまうこと、は大事かなと。
ただ、スピーキング力アップにはやはり実践が必要なよーな?

今年を振り返って

3月にAustraliaに行って以来、なんだか英語から遠ざかっていたような...

その後 GuamやThailandにも行き、その時は「英語頑張るぞー」と思うのですが、なかなかモチベーションが上がらずな1年でした。

Guamでは英語を話すと逆に驚かれるような場所なのですが、それでも少し話せると現地の方の対応が違うのが印象的でした。どうやら残念なことに、日本人はコミュニケーションしようとしない横柄な人たちと思われているらしい...。

Thailandではまったくタイ語がわからず、「サワディーカー(こんにちは)」「コープクンカー(ありがとう)」以外はジェスチャーで乗り切り、ホテルで英語を多少使う程度でした。

さて、4月から試していた英語教材といえば...
・NHKラジオ 「徹底トレーニング英会話」
・NHKテレビ 「3か月トピック英会話 栗原はるみの挑戦」「TOKYOまちかどリスニング」
・podcast 「ESL Podcast」
などなど。

通勤時間にipodを利用。まずは「徹底トレーニング英会話」をテキストを用いて聞き、満員電車に乗り換えたらひたすら「ESL Podcast」を聞くという方法。そして家に帰ったら、3ヶ月トピック英会話を録画したものを見たり、ケーブルTVでFOXやCNNなどを見たり。

NOVAから離れて英語を話す機会がほとんどなくなり、なんだか英語が身近でなくなってしまいました。先日友人の旦那サマ(アメリカ人の方)と話したら、ゆっくり話してくれるときは多少聞き取れるものの、友人と旦那サマの会話はあまり聞き取れませんでした...oh my

さて、そんな年末のある日、本屋さんにて面白そうな本を発見。いっきに読み通し、続編もすぐ買って読み終わり、なんだか英語へのモチベーションが復活したような?

というわけで、来年への抱負など...(続く)

2006年4月 2日 (日)

オーストラリア英語

日頃よく耳にしているのは、American Englishが多いと思いますが、意識すればテレビ番組や映画などからBritish Englishを聞くこともできます。

しかーし、なかなか聞く機会がないのがAussie English...。NOVAへ行けばいろいろな国の英語を聞くことができますが、テレビ・映画・ネットプログラムだけでは難しい...。

で、先日Tropical Cycloneの過ぎ去った直後のAustraliaへ行ってきたのですが、そこではもちろんAussie English!自分の言っていることは現地の人は聞き取ってくれますが、listeningがなんともこころもとなかったデス...。コミュニケーションしようとしてくれている人の英語はなんとか聞き取れるのですが、動物園でのショートークやテレビでの現地人のトークはなかなか聞き取れず...。

「トゥダ~イ」 today~

って、初めて本当に聞きました...。

「アイトオクロック、オーカイ?」 8 o'clock, okay?

とか...。オージーはみな陽気で、

「バンジージャンプはしたかい?」

とか聞いてくれるのですが、話がのってくると聞き取りづらいのが残念でした。

とりあえずオージービーフを食べまくり、1ポンド(400g程度)のステーキを毎日食べていたら、体重が...oh my!
後はオージービールの呑みまくりが楽しかったです。どうやら州ごとにおススメビールがあるらしく、レストランのお兄さんのおススメはJames BoagというTasmania産のビールでした。「ラガーも好き?」という声に惹かれてオーダーしちゃいました。美味しかったです!他にも、Victoria Bitter、XXXX Gold/Bitter、Tooheys Newなどなどいろいろなモノを試してみました。

英語って、いろいろなところで話されているんだなーと実感した旅でした~

2006年3月20日 (月)

English Cafe その3

久しぶりに昨日、Live Chat Cafeへ行ってきました。
先週の金曜日にもちょっと顔を出したのですが、あまり時間がなくて1時間あまりでサヨナラだったので物足りなかったデス。

さて、今回は15時から乗り込んでみました。するとすでにひとりお客サンが来ていました。今日のnativeはJサン。前回はあまりにもフツーにしゃべるので聞きとりにくかったのですが、慣れたのか?今回は少し聞きとりやすくなってました。

ということは、つまり「慣れ」以外のなにものでもないのでしょーか??

日曜日ということもあり、初めて来た!という女性がいたり、前にお会いした人がいたり。お客サンは様々。だんだんと人が増えていきました。

話すことは本当にフツーのことで、「日本のテレビはつまんないよねー」というところから、スポーツ中継の話、野球の話、映画の話、などなど。
グループをかえると、今度は恋愛話、ネットの話、習っているダンスの話、海外ステイの話などなど。フムフム。

英語を学ぶには、知らない人とコミュニケーションしたり、新たなグループに入っていくような社交性がどうしても必要になります。聞いているばかりでなく、自分の話をしたり、話に加わっていったり。
自分はもともと聞き役になりやすいので、意識して話さないとダメみたいです...ほぇ

今回は新たなnativeと会うことができました。イギリス出身らしいPサンです。ジーンズに身をかためたおしゃれなオジサマといった感じで、気を配ってわれわれみんなに話しかけてくれたり、とても居心地のよい紳士でした。彼の英語は比較的聞きやすく、ちょっとほっとしたり。

それではまた来週行くゾ~

2006年3月11日 (土)

「ネイティブスピーカーの英文法」

native 本棚に眠っていた本をとりだし、あっという間に読み終わりました。そのタイトルは、

「ネイティブスピーカーの英文法」...

NHK3か月トピック英会話でおなじみの大西泰斗先生&ポールマクベイさんの本です。
これって文法書というより、英語読み物という感じ?

英語を話すときに、アタマでっかちではなく感覚的に話そう!という試みなのですが、まさに感覚的に自分の中に入ってきました。スバラシイ!

なんとなく整理がつかないでいた時制のこととかがスッキリしたよーな。

感覚的...といえば、"English Grammar in Use With Answers" も直感的でわかりやすいです。やはりアタマじゃなくて感覚で覚えたことは、水泳と同じで身につくし忘れないんでしょうか?

さて、次は「ネイティブスピーカーの前置詞」デス!

2006年2月27日 (月)

English Cafe その2

日曜日に、English Cafe にまた行ってきました~

平日と違って15時から始まることもあり、私の到着した15時半には結構たくさんの人が集まっていました。

少人数のグループでnative&常連サンのマシンガントークについていくのはキツイのですが、今回は英語堪能な日本人スタッフや私と同じくらいのレベルのみなさんとグループになって話していたので、ちょっと気が楽でした。

navive のJサンは先日会っているにもかかわらず、「えーと、前に会ったことある?」と聞いてきたので、「なんて失礼な!"Oh, how rude you are !"」とか冗談を言いたかったのですが、

"You ... forgot me !? Oh my..."

というのが精一杯...。ちなみにJサンは「日本人の名前は難しすぎて、customersの名前をなかなか覚えられない」らしい。

この小金井のEnglish Cafeは、いつもいる日本人スタッフのTサンの心配りがとても心地よいです。さりげなく会話に参加して盛り上げたり、初めての人にいろいろ教えてあげたり...。

気がつけば3時間近く経過...長い人は10時までいるそーな。

そうそう、English Cafeに必要なのは「電子辞書」と「気後れせずにみんなに話しかける度胸」かと。こなれてない英語を振り回しつつ?また来週行ってみまーす。

2006年2月20日 (月)

English Cafe

都内のEnglish Cafeへ単身、のりこんで?みました~

小金井にある「Live Chat-Cafe」は、いつもnativeがひとりは待機しているとのこと。アットホームな雰囲気と料金の安さで定評がある英会話喫茶です。

1,000円でお茶が飲み放題。食べ物持込OK。サラリーマンから学生までいろいろな人が集まってきます。

しかし、みなさんのレベルはかなり高いです...。海外で留学していたりステイしていたりしていた人も多く、職業も翻訳家だったり。学生さんはTOEICを受ける人や、留学予定の人などで意気込みが違います。

NOVAでL3になりたての力量ではついていけません...。というか、話はだいたいわかっても話せないんデス!hesitateしやすい性格も災い??盛りあがっているなかに、稚拙な英語をたどたどしく話すのに、ちとためらいが...
ん?何しにいってるんだ自分?話さなきゃダメダメ~

で、会話はnativeスピードで(当たり前?)進んでいくので、ちょー速いです。容赦ありません。同じ日本人の英語は聞きやすいのですが、nativeの英語はやはり聞き取りづらいです。

うーん、これが生きた英語ダ!?

会話内容も、誰かの悩みをみんなできいてアドバイスしたり、パソコンの話だったり、本当に生活に密着したフツーの内容です。ちなみに今日のnativeは大学生だったので、girlyな英語を学びました?

NOVAでは講師が生徒のレベルに合わせて話してくれるのでそこでいろいろな表現を学び、直してもらい、English Cafeで実践?というのがthe best way?
もちろん自宅学習も必要~

Cafe Staff によると、「好きな♪セレブのインタビューを真似てシャドーイングすると良い」とか。「とりあえず意味はわからなくていいから、聞いたとおりに口に出してみるべし」とのこと。これは良い方法らしい。
他には、常連さんいわく「自分の話しているのを録音して聞いてみると弱点がわかる」とか。みなさんいろいろ工夫しているんですね&積み重ねてきた経験についていろいろと聞けるのはとても有益です。

というわけで、週1回ペースで少し通ってみようと思います!

2006年2月16日 (木)

意識改革?

last NOVA から1週間...早くも禁断症状?というかNOVA sick?もう何週間も行っていないような気分です。

さて、英語学習の見直し!ということで、身近なモノをひっぱりだしてみました。するといろんなモノが出てくるではないですか~。例えば、

  • 「英語耳」
  • 「ネイティブスピーカーの英文法」など、大西泰斗先生の本
  • 「NHK 英会話中級 2005.4-9」 テキスト&CD
  • 「FOREST」 英文法書
  • 「CNN ENGLISH EXPRESS 2005.7-9」

ほぇ...結局続いたのは、

  • 「DUO3.0」(朝のトイレタイム~)
  • 「NHK 英語でしゃべらナイト」
  • 「NHK 3か月トピック英会話」
  • 「NOVA」

つまり、時間が決まっているということ?どうやらこれが重要らしい...メモメモ。

longmanで、まずは学習方法改革の第1弾として、辞書を英英辞書に替えてみることにしました!英語でモノを考えるアタマにしよう!という試みです。
使うのは、"Longman Active Study Dictionay" これはCD-ROMもついていて便利です。最新版は、45,000の厳選された見出し語句、語義はロングマン基本2,000語を使ってわかりやすく定義、ということで中級者用の簡単辞書らしい...。
おうちにあるのは古いバージョンだけど、とりあえず使ってみよう。

eg_inuse そしてもうひとつは、文法書と語法書の本をゲットです!これまた英語で書かれているものを...ということで、文法書は、"English Grammar in Use With Answers"を選んでみました。これは吉祥寺パルコでみかけて気になっていたモノですが、あえてイギリスバージョンをゲットです。Unit1だけやってみましたが、英語で説明された方がスッキリとアタマに入る気がします。これで文法を楽しく学べそうです~

usage で、語法書は、"Practical English Usage" を選んでみました。これは、「~について述べる・話す」という時の "on" と "about" の違いを調べるために使ったときからお気に入りになってしまい、とうとう自分でもゲットしました。

これで、dictionary&usageは英語モードに切り替わったゾ!
で、grammarも英語モードでやりなおしだ~

2005年7月23日 (土)

モチベーションの維持

ひとりで勉強していると、必ずつきあたるのがモチベーションをどう維持するかという問題。

NOVAのカウンセリングでも、入ったばかりのLEVEL5のときはどちらかというとプラス評価が多かったのですが、LEVEL4にあがってからは毎回ウィークポイントばかり指摘されています...うーん、なんだかメゲちゃう...。

  • ボキャブラリーが弱い
  • 文法力が弱い
  • 流暢さに欠ける

などなど、毎回指摘されることは同じなのですが、そうはいってもすぐ問題解決っていうわけにもいかず...地道な努力をするしかないですよね...。

ふぅぅ...というわけで、おバカ映画の「チャーリーズ・エンジェル(フルスロットル)」を見たり。これ、結構笑えます。キャメロン・ディアスの明るさがヨイ!

"Her cheerfulness makes me happy...or she cheers me up."

みなさんは、落ちこんだときはどうしてるんでしょーか??

その他のカテゴリー