« NOVA 40回目 | トップページ | NOVA 42回目 »

2005年12月17日 (土)

NOVA 41回目

今週も1レッスン(グループ)のみ予約。あとから復習するのに、1レッスンの方がいろいろ覚えていたりするんですよね。

さて、今回はグループ予約だったのにラッキーマンツーでした!講師は久々のGregで、いつものように、陽気にやってきました~

「ボクの名前覚えてる?」

と聞くので、

"Of course,Greg ! I think... I've heard you're from Australia and like video games?"

というと、

「正確にはvideo gamesじゃなくてhandheld games(携帯ゲーム)だよ~」

とのこと。NINTENDO DS や gameboy MICRO, SONY PSP などの話でもりあがってしまいました。携帯ゲームはどこでもできるからよいとのこと。おうちではプレイしないらしい。

という私もGBMでSIMS2(英語版)をやっていたり...これもお勉強?です!

さて、レッスンはF48の"Telling a story about a journey"です。旅の話を、時系列にそって話していくという感じでしょうか。

Gregは、御岳山にのぼったときに夏だったのにやたら寒くて死にそうになったよ~といった話をしてくれました。私も遠い昔に富士山に登ったり、御岳山に登った記憶はあるのですが、なんともおぼろげ...。そのことを伝えると、

「それじゃ、テキストを使って練習しよう!」

と、架空の短いストーリーをいくつか練習。しかし、これはいまいちもりあがらん...。こういうとき、すぐにぱっといろいろな経験を思い出せるというのはNOVAに必要な能力ですね...。NOVAで必要な能力といえば...

  • 過去の経験やシチュエーションをすぐリアルに思い出せる(話題が豊富?)
  • 設定された役柄になりきることができる
  • マイペースで通うことができる(スタッフのポイント売り込みに屈しない)
  • 新しく会う人ともうまくやっていくことができる(毎回グループ構成員がかわるので)

うーん、いろいろな役柄になりきるのは好きなんですが、自己開示にはちょっとためらいが...。日本人のイケナイところでしょうか?

« NOVA 40回目 | トップページ | NOVA 42回目 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« NOVA 40回目 | トップページ | NOVA 42回目 »