« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月24日 (土)

NHK ハートで感じる英文法 会話編

09269012005 来月から、3か月トピック英会話に「ハートで感じる英文法」が戻ってきます!今度は「会話編」とのことで、これまた楽しみ~

もちろん先生は大西センセです。スネオに似たかわいい?方です。とにかく目からウロコ...のプログラムだったので、テキストも買っちゃいました。

アシスタントは、クリス&ジャスミン。そして出演者は鴻上尚史さんといとうあいこさん。これは変わらずですね。個人的には、出演者はいとうあいこさんだけでOKな感じですが...。

新年も英語のお勉強が楽しくなりそうです♪

NOVA 42回目

今回はグループで2レッスン予約。

受付で、「残りポイントが少ないけど継続しないんですか??」と毎回聞かれます。たしかにわずか11ポイントなんですが、費用のことを考えるとちょっと考え中...100ポイントだと25万円弱で1年有効、150ポイントだと3年有効だけど35万円くらい?ほぇ...

さて、1レッスン目は前に見たことアル講師でしたが、名前を思い出せず...。

向こうは覚えていると思っている雰囲気だと、さらに聞きづらい状況。あとから他の生徒に聞いたら、ハンガリー系オーストラリア人だとか。やはり思い出せない...スミマセン

で、またもや生徒ひとりかしらん?と思っていたら、1人遅刻してくるとのこと。その間に世間話を少々...

「年末は忙しいですよね」とか、
「どんな仕事してるの?」とか。

そして遅刻の男性登場~しかしなんの挨拶もなく座るとはどういうことじゃ??とりあえず私から

"Hello !"

と声をかけてみたぞ。講師も「んん...」みたいな表情。もー最近のオジサマは礼儀が...?

さて、講師がふたりに「最近行った旅行は?」と聞いてきたので、その男性は「モロッコにいってきました」と写真を見せてくれました。砂漠やらなんやらでとても暑そうでしたが、意外にも東京より少し暖かいくらいだとか。

で、topicは F32の"Talking about vacation pictures" まさに旅行で撮った写真について語ろう!というものです。

しかし、講師のセンセはあくまでテキストに固執?キューバなんて行ったことないからわかんないよ~。へんな顔の壁画?を見てどうこういうのもムズカシイ。

でもどうやら、写真の内容より写真の出来栄えについて語る、ということを理解...。色味が強すぎる、とか焦点がボケてる、とか。
写真やカメラにはあまり詳しくないので、「over-exposed!」とか「out of focus!」とか普通の表現で乗り切りました。

さて、次は初めての講師のTommyです。生徒は、KazuさんとYasukoさん。ここでも「年末は忙しい...」などの世間話多し。

Kazuさんは文法にこだわらずによくしゃべります。それでも言いたいことが伝わるし、どんどん話すことが上達への道なんだなーと改めて実感。とにかくずっと話し続けられるのはスゴイです。

今度のフリートーク(レッスン開始時のちょっとしたおしゃべり)では、もう少しいろいろしゃべってみよ!といいつつ、人数が多いとレッスンの時間配分を気にする講師のことを気にしてしまう私...気をつかいすぎカモ??

さてさて、topicはF31の"Discussing possible explanations" 昔の友だちに再会したら、すごーく変わってた!で、多分こうだからだと思う...みたいなことを説明するというコトらしい。

で、私は「高校時代の友だちに再会したら、痩せてキレイになってた。多分、大学で大恋愛したからだと思う。」とか話したり。これは自己開示という感じではなくて、やりやすかったです。友達も高校に限定されたので思い出しやすかったし。

listeningはすごく短い会話でわかりやすかったのですが、3人で答えるのをゆずりあってしまって、結局Tommyがわからなかったのかな?と説明してしまう場面あり。ゆずりあいもほどほどに...?

2005年12月17日 (土)

NOVA 41回目

今週も1レッスン(グループ)のみ予約。あとから復習するのに、1レッスンの方がいろいろ覚えていたりするんですよね。

さて、今回はグループ予約だったのにラッキーマンツーでした!講師は久々のGregで、いつものように、陽気にやってきました~

「ボクの名前覚えてる?」

と聞くので、

"Of course,Greg ! I think... I've heard you're from Australia and like video games?"

というと、

「正確にはvideo gamesじゃなくてhandheld games(携帯ゲーム)だよ~」

とのこと。NINTENDO DS や gameboy MICRO, SONY PSP などの話でもりあがってしまいました。携帯ゲームはどこでもできるからよいとのこと。おうちではプレイしないらしい。

という私もGBMでSIMS2(英語版)をやっていたり...これもお勉強?です!

さて、レッスンはF48の"Telling a story about a journey"です。旅の話を、時系列にそって話していくという感じでしょうか。

Gregは、御岳山にのぼったときに夏だったのにやたら寒くて死にそうになったよ~といった話をしてくれました。私も遠い昔に富士山に登ったり、御岳山に登った記憶はあるのですが、なんともおぼろげ...。そのことを伝えると、

「それじゃ、テキストを使って練習しよう!」

と、架空の短いストーリーをいくつか練習。しかし、これはいまいちもりあがらん...。こういうとき、すぐにぱっといろいろな経験を思い出せるというのはNOVAに必要な能力ですね...。NOVAで必要な能力といえば...

  • 過去の経験やシチュエーションをすぐリアルに思い出せる(話題が豊富?)
  • 設定された役柄になりきることができる
  • マイペースで通うことができる(スタッフのポイント売り込みに屈しない)
  • 新しく会う人ともうまくやっていくことができる(毎回グループ構成員がかわるので)

うーん、いろいろな役柄になりきるのは好きなんですが、自己開示にはちょっとためらいが...。日本人のイケナイところでしょうか?

2005年12月10日 (土)

NOVA 40回目

久々にLouisaのグループレッスンでした。
ラッキー♪

生徒はフルに3人で、MachikoさんとKunikoさん。
「お久しぶり~」と声をかけられたが、顔を覚えていたものの状況が思い出せない...
oh my...

さてさて、鐘がなってLouisa登場。珍しく向こうから、

"How's your trip?"

と聞いてきてくれました。で、「おかげさまで、楽しんできました~。特にベルギーでは毎日ビールを飲みまくってました♪」

と言ったら笑われてしまいました。
ベルギーに行って以来、ワイン党からビール党へ変わったくらい、ビールは美味しかったです。普通、ベルギーというとチョコレートのイメージが強いですよね。

さてさて、レッスンはF09 "Making polite requests" 丁寧にお願いする、というモノ。なんとなくこういうトピックは身近なので、気が楽です。
まずはMain Languageを見ずに、困った状況でどのように言うかのシミュレーション。

  • スーパーマーケットで、高い棚に欲しいものがあるが手が届かない...(→店員に頼む)
  • 図書館で借りたい本(ライ麦畑でつかまえて)がみつからない...(司書に聞く)
  • NOVAのレッスンで、自分が行くべき部屋の番号を忘れてしまった。(→講師に聞く)

などの状況を生徒が役になりきって演じます。しかし、Louisaのときは、こういう風に演じさせられることが多いような。とても臨場感があって?役にたちますね~

  1. Preparing the listener
  2. Giving reasons
  3. Making polite requests

の段階に加えて、

  1. Persuade (I'll only use it a couple of seconds. etc...)
  2. Push (Would tha be OK? etc...)

の方法も教えてくれました。もちろん、効果的な表情?つきです。
うん、これは使えそうだ~

そしていつものlistening問題。チェックインカウンターでごねる人のストーリーでした。語彙力&トピックの種類の問題もありますが、講師によって聞き取りやすい人と聞き取りにくい人がいるような...。
その点、Louisaの発音は聞き取りやすいです。イギリス英語に慣れてきたのかと思いきや、別のイギリス人講師の発音は聞き取りづらいし...。うーん?
&カナダ人講師の発音はなんとなく聞き取りにくいような...。

いろいろな国の講師に会えるのはNOVAのよいところなので、頑張って様々な英語を聞き取れるようになりたいです!

2005年12月 3日 (土)

NOVA 39回目

久しぶりのNOVAでーす。

先週は旅行していたので、2週間ぶりでした。
&当日予約の1レッスンのみ...。

さて、ついてみると金曜日だったせいか、めずらしく生徒3人が同じ部屋に集まりました。講師が少ないのか?たまたま同じレベルが集まったのか?

レッスン前に、「今日は予約がとりづらかったですよね~2レッスン続けてはムリだったし」とか、「講師が少ないのかなー?」とか話していました。

生徒は全員女性で、Michikoさん、Ayaさん、そして私です。講師はMarkでした!

彼はtopic用にか英字新聞を持ってきて、

「30秒あげるから、この中から面白そうなトピックを選び出して」

と言って急に新聞を渡すじゃーないですか。新聞は右(1面)から読むクセがついているので、英字新聞を右から読もうとすると、どうやら英字新聞は左がmain topicらしい...。

あたふたしているうちに30秒は終了。国際ネタや経済ネタばかりの紙面だったので、それをトピックにするのはムズカシイなぁ...と思っているうちに時間は終わっていたのでした。

日本の新聞を読み慣れていても、該当する単語を知らなければ意見があってもぜんぜん話せないんだなーと思いました。それで、ついつい日常的な健康ネタや事件ネタを選択しがちになってしまいます。

↑「CNN ENGLISH EXPRESS」を再開すべき...デスね

さて、Markに「逆にあまり読まないトピックはどこ?」と聞かれ、「スポーツは飛ばすかも」と答えたらすごーくビックリされました!

Markいわく、「まず最初にスポーツをみんな読むよ!」って...それって、男性がそうなのか?イギリス人がそうなのか?それともMarkがそうなのか??

そうそう、今日はF49の"Talking about the news in print"でした。

あとはテキストに載っているheadlinesについてちょこちょこと話をしてレッスンは終了。どうも生徒が3人だとあっという間に終わってしまうような...。普通に話している分にはあまり感じなかったのですが、listening問題ではあまり聞き取れず、ちょっとめげた1日でした。

復習しよ!

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »