« NOVA 26回目 | トップページ | NOVA 28回目 »

2005年8月19日 (金)

NOVA 27回目

さて、今回も1レッスン目はGregです。しかし彼はいつも陽気でいいですね~。レッスンが楽しいです!オーストラリア人の父親とマルタ島出身の母親を持つ彼は、マルチリンガル?

で、topicはF43の"Talking about life changes and regrets"です。人生の転機や後悔したことなど??日本語だって難しい内容ですよ!

Gregはまずは自分が...と例文を作ってくれたのですが、なぜかまた熱弁。「マクドナルドで働いていたけど、payがイマイチで不満だったのでやめた!」とか、「大学に戻ってまた勉強しなおしてよかった!」とか。どこまでが本当で、どこまでがimaginationなんでしょーか??

私も「最初はこういう仕事に就いていたけど、転職して今はこういう仕事に就いています!」とかいろいろ言ってみました。しかし、英会話ってほんとうに自己開示が必要な場なのね...

ところで、Gregは夏だというのに夏休みがなく、1日単位の短い休みならとりやすいからいいけど...と。

"NOVA means NO VAcation !!"

と笑ってました...。うーん、タイヘンだ。

そして2レッスン目は初めての講師、Benjaminです。しかーし...なんだか彼は暗ーい雰囲気ですよ!なんかあったのか?もとからこういう感じなのか?
なげやり?それとも緊張しているのか??時々咳き込みながらレッスンが始まります。

↑大丈夫か?Benjamin?

で、topicはF24の"Talking about responsibiities" です。なんか前のテキストでも似たようなのをやったような?

生徒は自分とMikaさんとManamiさん。学生の本分や、主婦としての責任、仕事での責任などみんなバラバラな内容にBenjaminもどうまとめたらいいのかわからなくなっている様子...。そりゃそーだよね...。

というわけで、テキストにそって進行することに。で、2人ずつに分かれて、

secretary
teacher
parent
aid worker

になったつもりでいろいろresponsibilitiesを列挙。意外と出てきませんね...というか日本語でも1つか2つしか出てきません。英語でもその人間の知識の深さや人間性?みたいなものが出てしまうので、英会話ってコワイです!

« NOVA 26回目 | トップページ | NOVA 28回目 »

コメント

はじめまして、Karinと申します。
NOVAで学んでいらっしゃる方を探していて、ここのブログにたどりつきましたので、早速リンクさせていただきました。

英語って、本当に自分自身を解放しないと話せない言語だと、レッスンのたびに痛感させられます。
私はまだ下のレベルですが、もっとうまく自己表現できるようにがんばりたいです。

Karinさん、はじめまして
同じくNOVAやNHKを活用して頑張っている仲間と出会えてうれしいです!

私もアウトプット(speaking)の弱さにへこんでいる毎日ですが、適当にがんばりま~す

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« NOVA 26回目 | トップページ | NOVA 28回目 »