« NOVA 24回目 | トップページ | NOVA 26回目 »

2005年8月 5日 (金)

NOVA 25回目

最近はなんだかNOVAの予約がとりにくい...という話をよく聞きます。講師のみなさんは vacation season なのかな??今日も他のbranchから応援の講師が来ていました。

で、今日の1レッスン目は初めての Dalel です。ここの女性講師としては珍しく?セクシーな黒いシャツで登場。うーん、同じ女性から見てもおしゃれさんです。彼女はTexas出身とのこと。ステーキをよく食べるトコ?というイメージがありますが、彼女はとてもslimです。で、一緒の生徒は年配の男性で、よくしゃべる楽しいToshihiroさん。

topicは、F05の"reminiscing" つまり「楽しかった思い出を語る」ということ。で、ひとりひとり思い出を語ることに...。自分は子どものころに母親に作ってもらったおやつのことや、家族旅行のことなどを話し、Toshihiroさんは息子や孫のところへ旅行した話しなどをしていたら、なんだかしんみりモードに。

"Oh, that reminds me of the time...in my childhood, my mother baked pancakes for me. It was so delicious !"

などなど。

で、2レッスン目はマンツーで、Markです。どうもマンツーだと講師のみなさんはリラックスモード。なんでだろ??彼は自分の名前を漢字で書いてみたいらしく、「馬紅」と書いて、

「ku にあたる文字でもっといいのある?「馬九」でもいいんだけど競走馬みたいだし...」

というので、「馬区」は?と書いてみせたら、「区」ってどういう意味?と聞いてくるので、今度は23区について説明すると、「フムフム」と。で、

「「馬苦」はやめといたほーがいいよ。「苦」はpainfulだから!」と付け加えておきました。どうやらMarkは日本語お勉強中らしい...ついついからかいたくなってしまうぅ。

で、topicは、F36の "Talking about cultural experiences" 出勤のときにみんな自転車だから交通渋滞でビックリ(中国)とか、日本と似てるけど食べ物が美味しい(韓国)など。とにかく海外に行ってビックリしたことを話そうといったもの。

"To tell the truth...French dishes were too expensive !"

とか、「パリの道は犬のフン(dog do)でいっぱい」とか、「フランスはお昼からワインを飲めるからヨイ」とか。

ここでMarkから指摘が。前置詞の使い方・人称と動詞の一致・単数か複数か、といった細かなところまで意識してみようというもの。確かに日本人の陥る初歩的なミスが、そのままになっているカモ。で、

"I'll be more careful in using words !"

ということで、これからは意識的に気をつけながら話してみまーす!

« NOVA 24回目 | トップページ | NOVA 26回目 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« NOVA 24回目 | トップページ | NOVA 26回目 »