« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005年8月24日 (水)

NOVA 28回目

今日は珍しく水曜日に行ったので、講師も生徒も初顔合わせばかり...でした!

1レッスン目はめずらしくひとり??と思ったら後からKentaさんが到着。それまではRichardと世間話?していました。「明日飛行機乗る予定なんだけど、typhoon's coming だから飛行機が心配...」とか、彼がEngland出身というのでビールの話とか。彼は、

"I prefer German Beers...like Heineken."

とのことで、イギリスのスタウトなどよりドイツビールがお気に入りらしい。アメリカビールは水っぽくてダメダメだとか。たしかに...。

サイパンにいったら、ビールじゃなくてワインを頼んだほうがいいよ!と教えてくれました。しかし、彼はくぐもったしゃべり方をするのでちょっと聞きづらい...。

さて、topicは、F37 "Expressing conviction and skepticism" えーと、信じているのか嘘だと思っているのか表現しよう!ということらしい。で、テキストに載っているのはWerewolf(オオカミ男)。ははぁ...これを使って練習ですか。

"I'm convinced that it is..."
"You don't really think ..., do you?"

などを使って表現するのですが、どうしたってオオカミ男なんて信じてないのでskepticismの方に力が入ります。

そして次は「U.F.O.を見た!」ということで、生徒ふたりで反対の立場にたち、お互い相手の主張をかえようとするのですが、おたがいガンコちゃん(の設定)なので、話がなかなかすすまない...。
その間、Richardは笑ってずっと採点中?
あのーそろそろとめてくださーい!

Richardは着任早々?なのか、進行に要領を得ないままレッスン終了...うーん。

そして次のレッスンも生徒は同じふたりで、講師は初めてのLee。彼女はいつも水曜日に来ているらしい。

"Hello~"と言いつつ座ってすぐにレッスン開始!はやっ!
「森で道にまよって遭難したら、まず何が大切かしら?」と聞くので、ふたりで

"keeping water"
"saving foods"
"shouting out for help"
"making a fire"

などと挙げていきます。で、テキストはF17 "Problem solving"
密林で車が壊れ、一番近い町でも200kmもある。さてどうしたらいいか...といったモノ。

Leeは、「spider がキライ」とか、「こんな状況タイヘン」とかいいまくり、私も「水と食料の確保が一番大切だ!」とか、「体力温存のためにあまり動き回らないほうがヨイ!」とか言い、Kentaさんも、「shout だ!shout!」「火を起こせば虫もこないし、野獣もこない!」とかいいまくって盛り上がり。

とても楽しいトピックでした。

レッスンもトピックによって盛り上がるときと、イマイチなときとがあります。音楽について...とかだと人によってそれぞれ好みが違うし、そもそも興味がなかったり。でも遭難状況について...とかだとみんながもりあがります!

レッスンの後、Kentaさんと有効な復習方法についてちょっと話したのですが、なかなかお互いにヨイ案が出ず...。みなさんはどうしているんでしょうか??

2005年8月19日 (金)

NOVA 27回目

さて、今回も1レッスン目はGregです。しかし彼はいつも陽気でいいですね~。レッスンが楽しいです!オーストラリア人の父親とマルタ島出身の母親を持つ彼は、マルチリンガル?

で、topicはF43の"Talking about life changes and regrets"です。人生の転機や後悔したことなど??日本語だって難しい内容ですよ!

Gregはまずは自分が...と例文を作ってくれたのですが、なぜかまた熱弁。「マクドナルドで働いていたけど、payがイマイチで不満だったのでやめた!」とか、「大学に戻ってまた勉強しなおしてよかった!」とか。どこまでが本当で、どこまでがimaginationなんでしょーか??

私も「最初はこういう仕事に就いていたけど、転職して今はこういう仕事に就いています!」とかいろいろ言ってみました。しかし、英会話ってほんとうに自己開示が必要な場なのね...

ところで、Gregは夏だというのに夏休みがなく、1日単位の短い休みならとりやすいからいいけど...と。

"NOVA means NO VAcation !!"

と笑ってました...。うーん、タイヘンだ。

そして2レッスン目は初めての講師、Benjaminです。しかーし...なんだか彼は暗ーい雰囲気ですよ!なんかあったのか?もとからこういう感じなのか?
なげやり?それとも緊張しているのか??時々咳き込みながらレッスンが始まります。

↑大丈夫か?Benjamin?

で、topicはF24の"Talking about responsibiities" です。なんか前のテキストでも似たようなのをやったような?

生徒は自分とMikaさんとManamiさん。学生の本分や、主婦としての責任、仕事での責任などみんなバラバラな内容にBenjaminもどうまとめたらいいのかわからなくなっている様子...。そりゃそーだよね...。

というわけで、テキストにそって進行することに。で、2人ずつに分かれて、

secretary
teacher
parent
aid worker

になったつもりでいろいろresponsibilitiesを列挙。意外と出てきませんね...というか日本語でも1つか2つしか出てきません。英語でもその人間の知識の深さや人間性?みたいなものが出てしまうので、英会話ってコワイです!

2005年8月11日 (木)

NOVA 26回目

今日は2レッスンともグループで予約。
自分はとりあえず100ポイントしか買っていないので、1レッスンは2,500円。ちなみにマンツーだと7,500円也...oh my !

今日はいつもより早い時間帯しか予約できなかったので、12:30~です。おなかすくぅぅ。

で、1レッスン目に一緒になったのは学生のKoutaさん。来月からアメリカに留学するとのことで、レッスンをどんどん入れているのだとか。さすが意気込みが違います。3レッスンぶっつづけはとてもじゃないけどマネできません...。

講師はいつものAndrew。で、Koutaさんとは初めてなのでお互い簡単な質問をしあう。

"What will you do this vacation?"

と聞かれたので、来月サイパンに行く予定でーす!と答える。するとAndrewがどうしてサイパンなの?と聞くので、

"I've been to Hawaii, Guam and Okinawa. So next I want to go to another resort island."

と答えておきました。でもサイパンでは結構日本語が通じるみたいで、特に観光地区では英語はあまり必要ないとか...。残念~

で、topicはF19の"Offering assistance" つまり「困ったときに助けを頼もう」といったモノ。Andrewによると頼み方としては

①直接法・・・面とむかってダイレクトに頼んでみる
②フィッシング法・・・なんとなく誰かが助けてくれるといいなーという感じで言ってみる

で、もちろんフィッシング法のほうがよいでしょうねーと。例えば、

"Oh man ! I forgot my wallet!"
"If you like, I could lend you some cash to tide you over."

などなど。とはいえ、あまり遠回り過ぎる言い方もイヤミになってしまうので注意!とか、

"You know, if you need a place to stay, you only have to ask."

とか言ってもらってもそれは社交辞令だったりするので注意!とか、英語でも人間関係は難しいんですね...ほぇ

そして2レッスン目は初めての講師、Gregです。彼は暑がりさんなのか、汗だくだく。そして狭い部屋に生徒3人(男性2人+自分)フル+Gregなので、なんだか窒息しそうなお部屋でした...。しかし、Gregはしゃべるのが速いなー。どうやらAustralia出身らしいです。

で、topicはF27の"Discussing trends in mainstream culture" です。しかしGregいわく、HairstylesやCelebritiesについては難しいので、Transport, Gadgets and Fashion に限定!

で、彼の作る例文にやたらデジタルグッズが多い...。どうやらGregは電子モノ好きなのかな?極めつけはヒアリング問題のときにNINTENDOなんて言葉が出てきたので、そこから自分がゲーマーだということを熱く語りだすじゃーないですか。

わーぉ!個人的にはNINTENDOのDSは面白いですよねーとか、もうすぐX-BOX360が出そうですねーとか話したかったんですが、なにせ他のふたりがついてきそうにない雰囲気...というわけで我慢我慢。残念だわー。
→次回会ったら話してみよう!

で、最後にカウンセリングがありました。なんと、最近は語彙力がついてきてるようですねーとお褒めの言葉。久しぶりだよーほめられたの。おうちでの地道なお勉強が実を結んでいるのかしらん??で、単純なのでまた頑張るぞーと思ったり。
しかし、説明能力や流暢さは相変わらずのweak pointsなのでした...。

2005年8月 5日 (金)

NOVA 25回目

最近はなんだかNOVAの予約がとりにくい...という話をよく聞きます。講師のみなさんは vacation season なのかな??今日も他のbranchから応援の講師が来ていました。

で、今日の1レッスン目は初めての Dalel です。ここの女性講師としては珍しく?セクシーな黒いシャツで登場。うーん、同じ女性から見てもおしゃれさんです。彼女はTexas出身とのこと。ステーキをよく食べるトコ?というイメージがありますが、彼女はとてもslimです。で、一緒の生徒は年配の男性で、よくしゃべる楽しいToshihiroさん。

topicは、F05の"reminiscing" つまり「楽しかった思い出を語る」ということ。で、ひとりひとり思い出を語ることに...。自分は子どものころに母親に作ってもらったおやつのことや、家族旅行のことなどを話し、Toshihiroさんは息子や孫のところへ旅行した話しなどをしていたら、なんだかしんみりモードに。

"Oh, that reminds me of the time...in my childhood, my mother baked pancakes for me. It was so delicious !"

などなど。

で、2レッスン目はマンツーで、Markです。どうもマンツーだと講師のみなさんはリラックスモード。なんでだろ??彼は自分の名前を漢字で書いてみたいらしく、「馬紅」と書いて、

「ku にあたる文字でもっといいのある?「馬九」でもいいんだけど競走馬みたいだし...」

というので、「馬区」は?と書いてみせたら、「区」ってどういう意味?と聞いてくるので、今度は23区について説明すると、「フムフム」と。で、

「「馬苦」はやめといたほーがいいよ。「苦」はpainfulだから!」と付け加えておきました。どうやらMarkは日本語お勉強中らしい...ついついからかいたくなってしまうぅ。

で、topicは、F36の "Talking about cultural experiences" 出勤のときにみんな自転車だから交通渋滞でビックリ(中国)とか、日本と似てるけど食べ物が美味しい(韓国)など。とにかく海外に行ってビックリしたことを話そうといったもの。

"To tell the truth...French dishes were too expensive !"

とか、「パリの道は犬のフン(dog do)でいっぱい」とか、「フランスはお昼からワインを飲めるからヨイ」とか。

ここでMarkから指摘が。前置詞の使い方・人称と動詞の一致・単数か複数か、といった細かなところまで意識してみようというもの。確かに日本人の陥る初歩的なミスが、そのままになっているカモ。で、

"I'll be more careful in using words !"

ということで、これからは意識的に気をつけながら話してみまーす!

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »