« モチベーションの維持 | トップページ | NOVA 25回目 »

2005年7月29日 (金)

NOVA 24回目

暑い中、NOVAへGO!

On the way to NOVA, I almost fell down...

えー、まずは久々のEdaです。彼女は陽気な人で、レッスンでもコロコロとよく笑います。こちらまでほんわかしちゃう。で、生徒はMikaさんと、遅れてきたSatomiさん。Satomiさんは初めてお会いする方ですが、とても流暢。

topicはF16の"Talking about music" ううぅ、あまり音楽聞かないのに...。だいたい、日本語でも話題に困るような内容は、英語だと更に困るって。なのにいろいろと話さざるをえない状況なので、

I was completely at a loss for a reply. です。

レッスンでは、いろいろな音楽のジャンルをみんなで説明していきましょう!という地獄のような展開。仕方がないので、適当に返答。

Latin music...cheerful music
hip hop...loud music and it's a kind of music that gets on my nerve.

F16はもう一度やりなおしカモ。

しかし、たとえば beatとrhythmの違いを説明、なんていうようなときは、日本語でなんとなくわかっても、それを英語で言うのは難しい...。英英辞書をこまめにひく習慣をつけておけばよかった...と思う瞬間です。

そして2レッスン目はマンツーで、Andrewでした!
先週映画の話をしたので、次にAndrewに会ったら渡そうと思っていた「おススメ映画について」の紙をさっそく渡す...。

で、それが「Another Country」というイギリスのパブリックスクールの話だったので、それから話がヘンな方向へ盛り上がる盛り上がる...

***

Story : In the 1930s, a student of an English public school “Eton” had a sense of homosexuality. But one day, he and his lover were found by a student of opposite group and were severely punished for his disgraceful behavior. Until then, he’d been a promising youth...

Since then, he became aggressive and he stepped into spy organization of the Soviet Union. He wanted to be successful so he aimed to become a famous spy instead of diplomat...

This film is based on the facts about double-spy Guy Burgess.

***

で、Andrew はいろいろと訂正&教えてくれました。

Since then → After that

とか、

had a sense of homosexuality →
had homosexual tendencies
was attracted to other boys

とか、

camp (okama-san のこと)

とか...。彼自身パブリックスクールの出らしく、
「男の子ばっかりだから、ああいうことは結構普通にアル!」
と力説。

で、Colin Firthはサイコーらしく、彼の出ている映画について熱弁ふるうふるう。私が、

"He was in "Bridget Jones : The Edge Of Reason. "

と言ったら、今度は話がHugh Grantへ...。うーん、なんだか今日もAndrewのペースにはまっていく~今度はイギリスビールの話しとか、イギリスとアメリカ英語の違いとかを教えて欲しかったのに...自分で勝手に作った宿題?がアダとなる...?

ちなみに、
「三枚目」は、 play the fool だそうな。

« モチベーションの維持 | トップページ | NOVA 25回目 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« モチベーションの維持 | トップページ | NOVA 25回目 »