« NOVA 22回目 | トップページ | モチベーションの維持 »

2005年7月22日 (金)

NOVA 23回目

さて、いつものNOVAですが、なんと!鐘が鳴っても誰も来ない??
と思ったらAndrew登場。

"Oh! lucky-man-two ?"
(NOVAではグループなのに生徒一人状態をラッキーマンツーと呼んでいる)

というと、
「Yes ! みんな一人と知ると、え?私一人?って緊張しちゃう人多いけど...」

でもそれは講師によると思うんですよね...Andewでラッキーマンツーとは本当にラッキー。そしてラッキーマンツーをラッキーに思えるようになった自分にちょっと驚く...。

で、週末は何をしてた?という話から、スターウォーズの映画の話へ。「どのキャラクターが好きか?」とか、「ナタリー・ポートマンが好きじゃなくて...」とか彼の話はとどまるところを知らず。そしてオビワンをやっていた Alec Guinnessのファンらしく彼についてほめるほめる...。なんだかいつもの紳士Andrewより饒舌のような?

自分も、好きな俳優について話したりしたのですが、Andrewがアメリカ嫌いなの忘れてた...oh my...

レッスンが終わって、とても楽しかったのだけどこれでいいのかな?という疑問が。いつもテキストを使ってのレッスンだったので、なんだか慣れません...。
&ほとんど自分はしゃべってなかったような気もして、どうなんだろ??

おうちに帰ってメモを見ると、映画に関する語彙や人に対する感情の表現方法などを結構学んでいたことに気づく。

主役のときは、"He's starring."
単に出演していたときは、"He's in it."

cosmetic surgery...女優さんがきれいに見えるワケのひとつ
a big fan...めっちゃファン
"Will you be my next ex-wife?"...Tom Cruiseはこうプロポーズしたに違いない (皮肉?)

で、次のレッスンは初めからマンツーを予約していたのでまた生徒一人です。っていうか、わざわざマンツーにしなくてもよかったのか??

で、講師は真面目な彼のBuckです。彼にしては珍しく、週末の予定を聞いてくれたりする。で、

"I'll go to watch fire works at Chofu"

といったら、甲府と間違えたらしく、

"Yamanashi Prifecture ?"

と聞くので、地図を描いてあげたらようやく誤解が解けた模様。笑ってました。Buck、真面目な顔もいいけど笑ったほうがcool & cuteです!

レッスンはF33 "Giving instructions" つまりゲームのやり方の説明ですね。テキストには、ドミノ、ダーツ、ビリヤード、トランプなどの絵が。

で、「ぐーちょきぱー(rock paper scissors)」について説明...掛け声は、
"ro-sham-bo !" と言うらしい。

ぐーちょきぱーの説明は比較的簡単だったのですが、ババ抜きの説明は難しかったです。意外と簡単な言葉が出てこない...。

配る(deal)、とかカードを切る(shuffle)、とか。語彙のなさを痛感。

他には、ダーツやビリヤードなど自分の得意な分野を説明。ビリヤードが好きで、マイキューも持ってるよ!と伝えると、

"pool shark?"

と聞くので、"no - no -." と答えておきました。 多分、ハスラーのこと?そしてBuckはなぜだか、dominoes と blackjack について熱く説明。

「domino っていうとドミノ倒しを思いうかべると思うけど、本当はこういうゲームで...」とか。

setup, objective, movement, special rule について順序よく言えるようになると良いらしい。

最後にカウンセリングだったのですが、やはり今回も語彙の少なさ&文法力の弱さを指摘されました...。Louisa, Buck, Nathan, Andrew など、教え方が良くて評価が厳しいと言われる講師陣が、やはり厳しい評価をつけていました。頑張らにゃ~

« NOVA 22回目 | トップページ | モチベーションの維持 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« NOVA 22回目 | トップページ | モチベーションの維持 »