« NOVA通学 12回目 | トップページ | 久しぶりに »

2005年4月30日 (土)

昨日の続き...

昨日はLevel up推薦状をもらってまいあがってしまったが、カウンセリングで言われたことをもう一度考えてみよう...。

「listening は結構できているんですが、文法というか時制とかが弱いみたいですね」
「あとは語彙力でしょうか。Level4になるとディスカッションしたりするので、みなさん語彙力がないことを痛感されるみたいですね。」

などなど。つい先日自分が思ったことばかりで、なんだかあたっていて、いいんだかガッカリなんだか。やはり文法と語彙なんですね。

*** CAT Level up test について ***

最初にNOVAに行ったときにオーラルのテストを受けたけど、あれがCATだったとのこと。

CAT LEVEL 試験内容について(NOVA のホームページより)
ネイティヴスピーカーの試験官がマンツーマンで約20~40分のあいだに、さまざまな観点からあなたのコミュニケーション能力を測定します。
1.イントロダクション
挨拶を含めた自己紹介です。緊張をほぐし、本来の実力を発揮するためのウォームアップの時間です。
2.基礎テスト
ピクチャーを見て会話を進めていきます。おおよその表現力、ボキャブラリー、理解力、積極性などが測られます。
3.応用テスト I (ロールプレイなど)
ピクチャーが提示されます。与えられたシーン・状況設定に応じて会話を組みたて、説明、描写します。
4.応用テスト II (ディスカッションなど)
試験官以外のネイティヴスピーカーの発音、イントネーション、スピードを聞き取ることが可能かという、一般的なリスニング能力が測られます。受験者のレベル、状況に応じてディスカッション等を行います。文章構成力、文化的理解力、語彙力、文法力、応用力、文脈理解力、会話の中での協調性等の観点から総合的なコミュニケーション能力が測られます。

試験官は全員十分に訓練を積んだネイティヴスピーカーばかり。受験者が話しやすい状況設定がされていますので、リラックスして臨んでください。ジェスチャーや表情、声のトーンまで含めて総合的に判断を行います。

というわけで、なんとなく思い出した...。

緊張して待っているところに、女性のnative登場。最初に挨拶をして、
"i'm nervous..."
なんて自分から言った記憶が。「だーいじょうぶよ~」とか言われてすぐ開始。
"what do you do ?"
とか聞かれて、仕事の話を少々。どこに住んでるのかとか、旅行はしたことあるかとか。たまたま去年の終わりにN.Y.にお互い旅行していたことがわかり、「あなたを見かけたわよ」とか言われて、
"oh, really ?"
とか冗談言っている間に多少落ちついた。(もちろん初対面)

それから、絵を見ながらストーリーを作る。空港のカウンターで困った顔をした男の人。映画の「ターミナル」を見たばかりだったので、「ターミナルっていう映画みたんですけど、それを思い出しました」と映画の話とまぜて話をする。「この男性はどこから来て、どこへ行くのか?」とか聞かれたなぁ。

次に男性ふたりと鍵の絵があって、なにか面白いストーリーを作ってみましょうと。しばらく考えて、「男性が叔父に電話して、夢で叔父さんに家の鍵を渡される夢を見たら、目覚めたときに本当に手に鍵を持ってた。叔父さんのうちは海外で遠いし、鍵がどうして僕の手にあるんだろう?ミステリーだ~」とかいうわけわかんない内容...。テスターのnativeはうーん...と困った顔で笑ってた。

次は飛行機の搭乗券を買う場面。片道か往復か、トランジットなら安いけど直通だと高いけどどっちにするかとか。今日は直通ないけど明日ある、でも仕事で今日中に行かないといけない、とかいう状況でうまく券を買わないといけない。これは単語を並べてどうにかクリア。

ほかにもいろいろあったのだろうけど、緊張していてあまり覚えていません。で、結局Level5からのスタートになったんですが、そんなすぐにレベルアップはちょっとムリだって。

ちなみにレベルの内容はというと...

Level 4 日常生活レベル

単純な日常会話の範囲ではほぼ支障がなく、リラックスして話せます。いくつかのセンテンスを繋いで、ほぼ適切な文法/構文で話せます。ある程度自然なリズムやイントネーション、発音で話すことができます。不得意な分野や会議・議論などの多少複雑な会話でも、相手の主旨を理解し、何とか話の流れを追えますが、まだ自ら議論に参加できるまでのレベルには至りません。

Level 5 ブロークンでも何とかコミュニケーションができるレベル

日常的な簡単な場面であれば、相手の主旨を何とか理解し、対処できます。ネイティヴスピーカーの発音に、耳がある程度慣れています。文法や構文は正確さに欠けますが、詰まりながらも、辞書を片手に何とか伝えることができます。質問に答えた後で説明を加えたりすることができます。会話の中で知らない単語が出てきても、聞き返しながら会話を続行することができます。ブロークンですが、簡単な日常会話は何とかなるレベルです。

あまり緊張しなければ大丈夫だと思うんですけど、なんか自信ナシ...なんか体調までおかしくなってきた...風邪かしらん。体温があがってボーっとします。心身症か?ほぇ...。

« NOVA通学 12回目 | トップページ | 久しぶりに »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« NOVA通学 12回目 | トップページ | 久しぶりに »